島焼酎 御神火(ごじんか)|伊豆大島 ダイビング 民宿

最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

島焼酎 御神火(ごじんか)

GW始まりました。
皆さんはどちらへお出掛けされますか?
(されましたか?)
後半の天気予報は今ひとつのようですが、
ここ何日かは最高のお天気が続いています。
自動販売機の缶コーヒーも、
ようやくホットからコールドに変えることが出来ました。

 

写真ですが、僕の愛してやまない焼酎「御神火(ごじんか)」のご紹介です。
そもそも、古くから大島の人たちが、
噴煙たなびく三原山を「御神火」と呼び、
信仰の対象として奉ってきたそうです。
その名をブランド名としたこの焼酎は、
以前にはJALの国際線にも乗っていた知る人ぞ知る銘酒です。
大島で一軒だけの作り酒屋で一人だけの杜氏さんが作る麦焼酎ですが、独特の味、香りがあり、クセになる旨さです。

 

その杜氏さんもまたクセのある男であります。
そもそも物書きをしていた彼ですが、
現在は「ツバキ城」なる館で一人焼酎を仕込むまでの経緯も
またなかなか面白いストーリーです。
http://www.gojinka.co.jp/

 

先日のダイビングフェスティバルで、
その御神火を海に沈めて寝かすというイベントがありました。
秋の浜の水深20mの海底に6ヶ月間寝かした後、
引き揚げて、みんなで飲んで盛り上がろうという計画です。
20mの海底は、太陽の光も届かず、水温もそれほど変化がなく、
何より波に揺られて、きっとおいしく熟成されるだろうとの事です。
沈められる御神火も特別に仕込んだもので、その名も「ゆらぎ」!
呑み助でなくても楽しみです。
・・・と、ここまで書いてスマホで写真を撮ったのですが、
なんとその後、倒して割っちゃったのです!
しかも1升瓶!!
しかも口の開いていない1升瓶!!!
空き瓶だったらごろごろしているのに・・・

 

願わくば、この拙いブログが御神火の魅力の
何分の一かでも伝わらんことを・・・
ヒデちゃん(杜氏さん)、ごめん

2014.4.27
〒100-0211 東京都大島町差木地字クダッチ
0499240914
mail

HOME海人ブログダイビングブログ民宿海人ダイビングライセンス講習うどんあさみジオパーク地図・アクセスお問い合わせ

Copyright © 2014 海人 all rights reserved.