令和2年、田鼠化して鶉と為る|伊豆大島 ダイビング 民宿

最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

令和2年、田鼠化して鶉と為る

コロナでどこも大変なことになっていますが、皆様に大事はないでしょうか?

多くの方が感染し、亡くなる方もまた日々増えていく中で、掛けることばが見つかりません。

心よりお見舞い、お悔やみ申し上げます。

 

東京都でも緊急事態宣言が出ました。

伊豆大島を含む東京都島しょ地域では、不要不急の来島をご遠慮いただくようお願いしております。

観光がメイン産業の一つであるこの大島において、「来ないでほしい」とはなかなか厳しいですが、

なにぶん見えない敵が相手なわけですから・・・

 

まだ今のところ、島内に感染者が出たとは聞いていませんが、いつ発症したっておかしくありません。

そしていざ感染者が出たとなれば、当地の脆弱な医療体制もさることながら、

お年寄りの占める割合が都会の比では無いことも、心配の種です。

 

来島をご遠慮していただいてるのですから、宿泊のお客さんはもちろんいません。

当分先までご予約も入っていないのですが、しょうがないですよね。

ただ、うどん屋さんの営業は続けていこうと思っています。

島の中でも、飲み屋さんやお寿司屋さんなどはお休みしているようですが、

毎日の生活の中で、食事を提供する店がなくてはいけないかなとも思います。

そうもいっていられなくなるかもですが、

状況が許せば、気を付けながらお店を開けていこうと思っています。

 

【王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟きりん
応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか…
そして、麒麟はいつ、来るのか?】

 

まさに戦乱のさなかといっても言い過ぎではないと思います。

「麒麟さん」 早く現れないもんですかね。

 

それでも、今まで歴史上、人類はウイルスに最後には完全に勝利してきたわけだし、

テレビは煽りすぎでしょとは思いますねどね。

 

 

こんな時でも季節は巡ります。

一生に一度の卒業式や入学式、入社式などが流れた方は、さぞ無念でしょう。

新年度も何もあったもんじゃないですが、初夏を思わせるような穏やかな陽気が続きます。

 

先日のスーパームーンは見事でした。

庭の桜はそろそろ終わりです。

去年の台風の影響でしょうか、今年は咲きがあまり良くなかったようです。

 

 

変わって、ツツジの季節です。

今日のうちの庭はこんな様子です。

もう少し手入れをしてやらなければですね(^^;

 

タイトルの「田鼠化して鶉と為る」ですが、「でんそかしてうずらとなる」と読みます。

「田鼠はもぐら、もぐらがうづらになるという実際にはありえないことだが、

春になり地中のものが地上に出て活動すると考える事ができる」とのことです。

 

今のご時世がありえないのですから、何でもありですよね。

キリンもウズラも早く世に、表に出ておいで(^^)

 

2020.4.11
〒100-0211 東京都大島町差木地字クダッチ
0499240914
mail

HOME海人ブログダイビングブログ民宿海人ダイビングライセンス講習うどんあさみジオパーク地図・アクセスお問い合わせ

Copyright © 2014 海人 all rights reserved.