ダイビングブログ|伊豆大島 ダイビング 民宿

最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

セミが鳴きはじめています。

すっかり夏のようですね。
大島では数日前からセミが鳴きはじめています。
秋の浜に向かいました。

 

天気 晴れ 水温18~15度 透明度10~30m

 

先日、仲間のガイド数名と秋の浜海中に笹(竹)を設置してきました。
七夕で短冊(水中ノート)に願いを書いて笹につるす、、、海中バージョンです。
海中の笹は5m以上あり、なかなか見応えがあります。
写真を撮ろうとしたらバッテリーが、、、

 

気を取り直して深場に向かいます。
青くてきれいです。
透明度30m以上は見えます。
水温は15度で~す。
気持ちいですね。
イサキの群れ、マトウダイX2、フジイロウミウシ、ニシキウミウシX3、キイロイボウミウシ、
フタホシキツネベラ、ルリハタ、赤いイロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、
シロウミウシ等が見れました。

2011.7.2

台風でも秋の浜は静かです。

最近ケイカイ早朝ダイビングでハンマーヘッドが目撃されているので早起きして出掛けました。
ケイカイに向かう途中、西側の海沿いを走るのですが、台風5号のうねりでダイビングどころではありません。
今回は宿へ帰り朝食後のダイビングにそなえます。
大島北東の秋の浜は島影でもあり台風の影響もなく普通に潜れます。

 

天気 晴れ 水温17度 透明度8~10m

 

ENすると少しにごり気味です。
正面深場に向かいアヤメカサゴ、コクチフサカサゴ、コイボウミウシ、イセエビ等がみられました。

 

2本目は右砂地へ向かいます。
昨日に引き続きヒラメ大、小がおりました。
オオモンカエルアンコウ、アオウミウシX2、ホラガイ、アコビコテグリのペア、
磯カサゴ、ニシキウミウシ、カエルウオ等が見られました。
お客様も2日目という事もあり余裕も出来、楽しめたようです。

2011.6.26

今日はヒラメの日?

天気 晴れ   水温17度 透明度15m

 

今日はガイドです。
秋の浜に2ダイブしました。
まずは右の砂地に向かいます。
タカベ&イサキの群れの歓迎を受け、1mのヒラメが砂をかぶっていました。
オオモンカエルアンコウ、確認後、帰り際に50cmのヒラメです。
他にはアオウミウシ、クマノミ等が見られました。

 

2本目は左からEN。
トウシマコケギンポ、イバラカンザシに挨拶して左砂地に向かいます。
50cmクラスのコウイカ?コブシメ?がおりました。
このタイプでこの大きさは珍しいですね。
アオリイカの卵を見ると順調に育っているようです。
1cmのイロカエルアンコウ確認後、又1mのヒラメです。
1本目とは距離も離れているので別個体ですね。
今日はヒラメに縁のある日のようです。
段落ちに向かうと赤いイロカエルアンコウがおりました。

2011.6.25

秋の浜に潜りました。

2011.06.17

天気 曇り 水温20~19度 透明度20m

 

朝、降っていた雨も止み、ときおり青空も見えました。
大島北東にある秋の浜も水温回復で20度!
しかも水も青いです。
キビナゴの群れが多いですね。
水の青さとキビナゴの銀色が綺麗です。
ヒラメのお出迎えを受けながら右砂地へ向かいます。
オオモンカエルアンコウが鎮座してました。
体調15cmくらいはあったでしょうか。
水底にはホオジロゴマウミヘビ(パクパク)も頭出てました。
沖へ向かいハナタツ確認です。
数日前はペアでいたらしいのですが、シングルでした。
ちょっぴりさみしそう、、、
ペア復活してほしいものです。
ジョーフィッシュを見ながら浅場へ戻りつつインターネットウミウシX2確認。
アオウミウシも多数見れてます。
段落ちにはサガミリュウグウウミウシがおりました。
写真を見て気付いたのですが、左の触角が傷んでました。
どんなエピソードがあったのでしょうか??

2011.6.17

今日はトーシキです。

2011.06.15

天気 曇り 水温20~18度 透明度12m

 

今日はトーシキに潜りました。
ENして水が暖かいと感じました。
やはり南部ですね。
20度ありました。

 

ですが、少し白っぽいにごりがあります。

 

ロープぞいに進むとムカデミノウミウシ多数、今年初となるアオヤガラX2もいました。
左に壁を見ながら進みむとモヨウモンガラドオシ発見です。
おとなしいですが、ウナギに近いウミヘビ科です。
黄色と黒のまだら模様で、タイガースファンにはたまらない色使いです。
大岩の窪地には1mほどのアオブダイが寝ていました。
普段は近づくと逃げてしまいますが、油断していたのでしょう。
近くまで寄れました。
カラス根まで行くと魚影が濃いですね。
イサキ、タカベ、メジナがそれぞれ群れています。
帰りぎわにニラミギンポもおりました。

2011.6.15

秋の浜に潜りました。

大変ご無沙汰しています。

 

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

梅雨に入り雨が降る日も多いですが、
植物にとっては恵みの雨ですね。

 

そんな中、今日は秋の浜に潜りました。

 

天気 曇り 水温17度 透明度20m

 

数日前まで水温20度あったのですが、ちょっとびっくりです。
ですが明るい海です。

 

左側からENして砂地を回ってみました。
毎年アオリイカの産卵床として木を水中に沈めるのですが、ここ数年は卵がつかない年が多かったです。
今年はダイビングサービスの若手スタッフが木を沈めてくれて見事に産卵しました。
今日はアオリイカの姿は見られなかったのですが、少し深めにも産卵していて今年は当たり年です。

 

他にはオニハゼ、ミノカサゴ、イロカエルアンコウbaby,オルトマンワラエビ、水が青いのでキビナゴの群れが綺麗でした。

2011.6.12

みどりの日

とても久しぶりの更新になってしまいました。

 

被災された皆様にお見舞い申し上げます。
毎日祈っています。

 

英国ではロイヤルウエディングが行われました。
祝福の想いでいっぱいですね。

 

この地球ではいろんな事が同時進行しています。

 

いろいろ思うところもありますが、
自分のポジションはダイビングインストラクターですからお客様に海の素晴らしさをお伝えし、
楽しさと共に、リフレッシュのお手伝いになればと感じています。

 

さて、
GW初日の一本目は野田浜に潜りました。
水温 15度  透明度12m

 

ロープエンドからすぐにコンシボリガイがいました。
貝から身が出て歩いているのですが、美しいです。
ヒメコウイカx2、婚姻色のヒメギンポのカップル、
アーチの天井には白いハナタツx2、
テングダイ、イラ、ムカデミノウミウシ、
ロープの途中にホウズキフシエラガイを見てEXです。

 

南西の風が強くなってきたので、2本目は北東に位置する秋の浜です。
水温15度 透明度12m

 

たっぷり休息(お昼寝)したので正面深場トサカエリアに向かいます。
うれしい出会いがありました。

 

アカグツがいたのです!!

 

アンコウの仲間で深海200m位にいるようです。
UFOみたいな形のユーモラスなサカナです。

 

マダラハナダイもいました!!
これまた深場40~50mにいるのですが今日は水深25mにいました。
水温が冷たいと深場のサカナが浅場にでてきます。
今日はお祝いの日(ロイヤルウエディング、昭和天皇誕生日)だから現れてくれたのでしょうか??

 

他にはカスザメ、アカホシカクレエビ、シロウミウシ等もおりました。

2011.4.29

秋の浜に潜りました。

2011.03.02

3月ですね。
大島では桜も咲きはじめています。
春は近づいていますね。。

 

天気 晴れ  水温16度  透明度20m

 

最近、黒潮が近づいているのでこの時期にしては水温も高めで水も明るいです。
沖へ進み、ビシャモンエビ、イサキの群れを見ながら右回りです。
キイロイボウミウシ、シャイなジョーフィッシュ、
コクチフサカサゴ、クマノミにミツボシクロスズメ、
毎年クマノミは越冬しますが、ミツボシクロスズメは
水温低下により次年度まで生存は珍しいのです。
なんとか頑張ってほしいですね。
シロタスキベラyg、オルトマンワラエビ、
タテヒダイボウミウシが見られました。

2011.3.2

トーシキ タイドプールに入りました。

2011.02.09

天気 晴れ  水温16度  透明度18m

 

トーシキの外海はうねりがあったのでタイドプールに入りました。
トーシキは溶岩が山脈のように陸に対して平行に並んでいます。
外海の波が高くても、天然の防波堤でタイドプール内は静かなんです。
最大水深5mと浅いので、スノーケリング、体験ダイビング、リフレッシュダイビングに適しています。
水中は壁一面のイソギンチャクやテーブルサンゴなどもあり明るい海です。

 

メジナ、ニザダイの群れ、クマノミ、ムカデミノウミウシ沢山、チゴミドリガイ、アオウミウシ、サラサエビ、イセエビ、ニシキベラ、ラッパウニ等がいました。

 

写真はチゴミドリガイです。
久しぶりに見ました。
黄色と水色の色使いが綺麗ですね。

2011.2.9

今日はトーシキです。

2011.01.25

天気 晴れ  水温15度  透明度18m

 

昨夜、雨が降ったのですが、
今朝、起きてみると三原山に積雪がありました。
標高758mと、さほど高くはないのですが、人の住んでいる下界とは温度、空気が違います。
風が強く、波が高い時には三原山が風よけになり島の反対側の海は意外に静かなんです。

 

で、今日は風もなく西側のポイントが潜れるので海人に一番近いトーシキに潜りました。
ENしてガイドロープ沿いに進むとアオヤガラがロープに寄り添うようにいました。
大岩にはゴンズイ玉、
そこからカメ根に行こうと移動したら中型のカメがいました。
少し泳いだら着底してくれたので近くで見れましたヨ!
カラス根に行くと群れてますね。
イサキ、メジナの群れが多く
やはりトーシキは魚影が濃いです。
壁はソフトコーラルが綺麗で、コイボウミウシ、ムカデミノウミウシなどもいました。
アオブダイを見ながら中層を泳ぎEXしました。

2011.1.25
〒100-0211 東京都大島町差木地字クダッチ
0499240914
mail

HOME海人ブログダイビングブログ民宿海人ダイビングライセンス講習うどんあさみジオパーク地図・アクセスお問い合わせ

Copyright © 2014 海人 all rights reserved.