海人ブログ|伊豆大島 ダイビング 民宿

最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

ゲンさん 祝15歳

15年前の昨日、11月30日に
大島元町港で生まれたばかりの目も開かない仔犬を拾いました。
元町の「元」をとって、名前をゲンとつけました。

 

犬の15歳といえば、人の76歳くらいに当たるそうです。
スキがあれば脱走を繰り返してきたゲンさんも、すっかりお年寄りです。
少し前まで大きい音が大嫌いで、
カミナリでも鳴ろうものなら一晩中騒ぐものだから、
車の中に放り込まれていたものです。
それが今では、随分と耳が遠くなってしまい、
まるで平気になったのは、いい年の取り方をしたっていえるのかな?

 

昨夜は、年の数だけ、大好きなジャーキーをもらいました。
最近では、さみしんぼうにも拍車がかかってきましたが、
ゲンさん、いつまでも長生きしてね(^O^)/

2012.12.1

大島に蚊と牛糞なかりせば不寒不熱の極楽の里

伊豆大島の波浮地区周辺に、「文学の散歩道」があります。
http://www.yamayo.biz/bungaku/matinami.html

 

戦前から昭和30年代にかけて、風待ち港として栄えた波浮港には
多くの文人たちも訪れ、様々な作品を残してくれました。
その多くの作品を石碑にして素敵な散歩道があります。

 

有名どころでは、与謝野晶子や野口雨情などがいますが、
井上圓了が残したのが表題の詩です。

 

大島に蚊と牛糞なかりせば不寒不熱の極楽の里

 

昔は島では多くの乳牛が飼われていて、
その牛乳が島の大事な産業だったようです。
ただ、そのために島のあちらこちらに落とし物があったようですね^^;
そして、蚊にもまた悩まされたようです。

 

こいつらは今でも変わらずに元気でして、真冬以外いつでも飛んでますね。
今年などは、夏の時分は雨が少なかったせいか
それほどでもなかったのですが、秋を迎えて、ますます盛んです。

 

ほんとに冬の季節風と蚊さえいなければ、大島も随分住みやすいのにな・・・

2012.10.12

お彼岸

秋分の日といえば9月23日と決まったものと思ってましたが、今年は、22日。
なんでも、4年に1度のうるう年でも補正できない誤差がたまって、
116年ぶりだとか。

 

あれほど厳しかった残暑が、
その22日からいっぺんに秋の空気になったのはびっくりしたもんでした。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくいったものだなあと妙に感心。

 

近所の都立海洋国際高校の文化祭も予定どうり行われ、
父兄の皆様にも例年のように泊っていっていただきました。

 

庭の「ヒガンバナ」がようやく咲いたので、
数日遅くなりましたがブログアップできました。

2012.9.27

波浮港国際現代美術展

「2012 波浮港国際現代美術展」行ってきました。
http://www.art-islands-tokyo.com/

 

近所の廃校や昔の代官屋敷を舞台に、世界から現代アートを展開するというこのイヴェント。
今年で2回目になります。

 

写真は、壁も天井もこんな感じで塗ってある
このサイケデリックな部屋で、
パラリンピック車いすテニスで金メダルを獲った
国枝慎吾とユニクロがコラボしたシャツで、記念に1枚(^^)/

2012.9.11

残暑お見舞い申し上げます

毎日暑いですね。
暦の上では今日8月23日は暑さも和らぐ処暑ということですが、
まだまだ残暑の厳しい日が続くようです。

 

お盆ウィークの真っ最中に、冷蔵庫が壊れました。
開業当初、製氷機もいれて5基あった冷蔵、冷凍庫ですが、順々に壊れて、
最後の生き残りでした。
文字どおり休みなく、今までがんばってくれましたが、
何もこの忙しい時期に逝かなくても…
まぁ、こいつの最後の主張でしょうか?

 

24年間お疲れさまでした(^.^)/~~~

2012.8.23

盆踊り大会

先週末から夏休みに入っているのですが、
いまひとつぱっとしない日々が続いていました。
仕事する分には楽なのですが、せっかく海に来るお客様にはちょっと気の毒。
それもようやく今日からセミも嬉しい夏の日差しです!

 

昨夜、一昨日と地元クダッチで盆踊り大会がありました。
地域の伝統芸能である御神火太鼓も披露され、
少し肌寒かったですが、用意したやきそばやおもちゃ、
そしてかき氷までほぼすべて完売という盛況でした。
その後、大盛り上がりの打ち上げ!!!
そしてもちろんお約束の二日酔いの朝を迎えたのでした(^^ゞ

 

いよいよ夏本番ですね!

2012.7.23

あじさいレインボーライン

梅雨まっさかりですね。
台風もあって、なかなか雨量の多い今年の梅雨です。

 

写真は、三原山のふもとの「あじさいレインボーライン」沿いの
紫陽花です。
もう6月もしまいですが、やや標高も高い地点なので、
まだまだきれいに咲いていました。

 

紫陽花の色というのは、
土の酸性度のphで赤や青になると聞いていたのですが、
同じ株(でいいんですかね?)から赤と紫の花が咲いています。
こういう花もあるんだなと「へえ~」とも思いますが、
淡い色の若い花がだんだん濃くなるさまも結構好きです。

 

色々な季節の彩りが楽しめるここ伊豆大島です。

2012.6.27

源為朝

皆さん、NHKの「平清盛」はご覧になってますか?
やれ画面が汚いだの、その時代になじみがないだのと
あまりいい評判は聞かれず、視聴率も苦戦しているようです。
僕自身は「江」よりよほど面白いと思いますけどね?

 

先週の放送で「保元の乱」やってましたけど、
「源為朝」大暴れしてましたね。
平安のガンダムなんて呼んじゃってNHKもなかなか狙ってますね。

 

「弓の名手で、鎮西を名目に九州で暴れ、鎮西八郎を称す。保元の乱では父・為義とともに崇徳上皇方に属して奮戦するが敗れ、伊豆大島へ流される。しかしそこでも暴れて国司に従わず、伊豆諸島を事実上支配したので、追討を受け自害した。
切腹の、史上最初の例といわれる。」
Wikipediaより

 

それにしてもこの時代の話は、太平記にしてもスケールがでかいですよね。
流人として流されてきた為朝ですが、たちまち伊豆諸島を丸ごと束ねてしまい、
成倍に来た追手の船を弓を射って沈め、その矢が鎌倉までとどいたという豪傑です。

 

ここ伊豆大島には屋敷跡や赤門、そして為朝神社など、
ゆかりの史跡が色々とありますよ。

2012.5.30

カシャンバ

ゴールデンウィーク真っ盛りですね。
数日来の荒れた天気も落ち着いて、
まさに五月晴れな今日5月5日です。

 

「端午の節句」といえば「かしわもち」ですよね。
ここ伊豆大島では、「カシャンバ」と呼びます。
そして「子供の日」だけでなく、誕生日や祝いの席でも登場します。
だけでなく、お通夜や火葬場などの不祝儀の席までも出てくるのです。

 

少し前まであまり裕福ではなかった大島で、
「カシャンバ」はせめてものごちそうだったということです。

 

みなさんはこの連休いかがお過ごしになりましたか?

2012.5.5

花に嵐のたとえもあるぞ

季節外れの台風並みの爆弾低気圧が大暴れしています。
丸2日ジェットホイルが全便欠航になってしまった東海汽船は
しょうがなく、運休している大型船の臨時便を出しました。
ちょうど、新年度が始まるタイミングなので、
大島を出る人、新しく赴任する人たちが大混乱です。
ここ大島だけでなく、
日本各地で強風や高波の被害が出ているようです。

 

せっかく咲き始めた桜もたまったもんじゃありません。
写真は庭の桜ですが、ちょっと可哀想です。

 

で、思い出したのが有名な表題の詩です。

 

コノサカヅキヲ 受ケテクレ
ドウゾ ナミナミ ツガシテオクレ
ハナニアラシノ タトエモアルゾ
サヨナラダケガ人生ダ

 

結構最近まで、下の2行しか知らなくて、
えらく突き放した、究極なニヒルな詩だなと思ってましたが、
全部を読めば、

「だから一期一会を大切にしよう」

2012.4.4
〒100-0211 東京都大島町差木地字クダッチ
0499240914
mail

HOME海人ブログダイビングブログ民宿海人ダイビングライセンス講習うどんあさみジオパーク地図・アクセスお問い合わせ

Copyright © 2014 海人 all rights reserved.