2019 2月|伊豆大島 ダイビング 民宿

最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

2019年2月の投稿一覧

ちっちゃい クマドリカエルアンコウ

2月 16日(土)

 

リピーターさん来島です。

 

港でお迎えして

 

海へ向かいます。。

 

 

マクロが撮りたい。。

 

そして、西風有りなので

 

伊豆大島北東に有る

 

秋の浜に3ダイブです。。

 

 

天気 くもり 気温 9度 水温17℃ 透明度15m

 

1本目はなぜか、カメラがご機嫌ななめ、、、

 

なので画像はご容赦ください。。

 

(2本目からはカメラ復活しました。)

 

エントリーして中層にはアオリイカ、

 

沖へ進み、深場ではクダゴンベ、(先日、撮った画像です)

 

 

マツカサウオ、

 

浅場へ戻りつつ

 

スジハナダイ、

 

フタイロハナゴイ、

 

アカホシカクレエビ、

 

段落ちではカンムリベラ、

 

そして、エキジット。

 

 

 

ランチは元町、栄楽のモヤシソバで暖まり

 

 

 

2本目も秋の浜

 

右エリアへ潜ります。

 

岩の壁には

 

ニシキウミウシ幼体、

 

 

砂地にはワニゴチ、

 

 

何か言いたそうな顔してますよね(笑)

 

オトメハゼのペア、

 

トサカにはオキゴンベyg、

 

 

フリエリイボウミウシ、

 

浅場へ戻りつつ

 

タテジマキンチャクダイyg、

 

 

幼魚時代は年輪のような模様なのです。。

 

エキジットです。。

 

 

 

休憩はコインシャワーで温水シャワー、

 

そしてドライスーツを着たまま入れる

 

ジャグジーがありますので

 

かなり暖かいです。。

 

 

3本目は左エリアへ

 

段下には

 

クマドリカエルアンコウ!!

 

 

かなり小さいです。。

 

僕の人差し指も一緒に写しましたが

 

 

大きさを比べてみてください。

 

お客さんも可愛い。。。と大喜び!!

 

後輩イントラのOクンに情報いただきました。

 

ありがとうございます。。

 

砂地に向かうと

 

マダコです、

 

 

食べた貝ガラの真ん中に穴が開いていて

 

そこから眼を出して周囲の様子を伺っています。。

 

岩にはミノカサゴ幼魚、

 

 

段上のサンゴの穴から

 

トウシマコケギンポ、

 

 

そしてエキジットです。。

 

 

帰り際に

 

くるみやさんの温泉に立ち寄り

 

海人へ向かいます。

 

 

 

2月 17日(日)

 

南西のポイント、トウシキに潜ります。

 

風向きは弱い北東ですが、

 

お向かいの島、

 

新島周辺の海が西風が強く海上もうねりがある様子。

 

なので南西にあるトウシキもうねりがあります。。

 

 

天気 くもり 気温9℃ 水温18℃ 透明度15m

 

 

エントリーするとイサキが多いですね。

 

 

カラス根の壁にはオオアカヒトデ、

 

 

カメとも遭遇です。。

 

そしてエキジット。。

 

 

2本目は

 

クマドリカエルアンコウをもう一度撮りたい。

 

との事で秋の浜に向かいます。

 

お目当てのクマドリを撮影して

 

 

右へ流していくと

 

イソギンチャクには

 

ミツボシクロスズメ&クマノミ、

 

 

ウスバハギが群れていました。。

 

 

更に沖へ進み

 

スミゾメミノウミウシ、

 

 

ハナオトメウミウシ、

 

 

キイロウミウシ、

 

 

をみてから

 

エキジットです。。

 

2019.2.17

地形ポイント ケイカイ~トウシキ~野田浜へ

2019 2月 10日(日)

 

今日のお客さんは大島は4回目。

 

今までは秋の浜に潜る事が多かったので

 

他の地形ポイントをリクエスト。。

 

風向きは北東だったので西側のポイントに潜ります。

 

 

 

まずはケイカイへ

 

天気 くもり 気温9度 水温17、4℃ 透明度15m

 

このポイントは海へ流れた溶岩が

 

ゴジラの背中のように細く長く続いています。。

 

エントリーすると水面近くにはメジナが群れています。

 

 

壁にはフリエリイボウミウシ、

 

 

そしてイサキの群れ

 

 

イサキを撮るお客さん。。

 

 

水底にはホウライヒメジが集会しています。

 

 

アオブダイの姿も、、

 

 

 

そして大島南部へ移動。。

 

うどんあさみの鴨鍋焼きうどんで暖まり

 

休憩もそこそこに

 

 

トウシキへ

 

水温18,2℃ 透明度13m

 

 

このポイントは山の山脈のように

 

一つ一つの根が大きく

 

ダイナミックな地形が楽しめます。。

 

 

ロープエンドから壁沿いに進みます。。

 

スミツキベラ、

 

カンムリベラ幼魚、

 

 

クリアクーナーシュリンプ、

 

 

更に沖へ進むと

 

やや小ぶりなカメが海草を食べていました。。

 

 

カメとお客さん、

 

 

カラス根の壁にはオオアカヒトデ、

 

イセエビ、

 

 

イサキ、タカベも群れています。

 

なんと

 

モンガラカワハギ成魚とも遭遇です。。

 

ナンョウカイワリ、

 

 

ミナミゴンベ、

 

 

ムカデミノウミウシ、

 

 

 

そして

 

3本目は野田浜へ

 

水温17、8℃ 透明度12m

 

ビーチエントリーでお手軽にアーチが楽しめるポイントです。。

 

1600過ぎなので水中は暗いかな、、と思ったのですが、

 

意外にもまだまだ明るい海でした。。

 

アーチへ向かいます。

 

 

連休で大勢ダイバーが潜ったのでしょう。

 

サカナは少なめです。。

 

ハリセンボンがいます。。

 

アーチから砂地はやや流れがあり

 

ドリフトで流れに乗ります。。

 

小アーチへ

 

 

戻りながら

 

穴をのぞくと

 

キンセンイシモチ、

 

 

上部の壁には

 

スミゾメミノウミウシ、

 

 

サクラミノウミウシ、

 

 

そして

 

くるみやさんの温泉であたたまり

 

海人へ向かいます。。

 

 

2月 11日(月) 建国記念の日

 

朝食前に潜ります。。

 

トーシキへ

 

右エリア、

 

柱状節理に向かいます。。

 

 

上部の壁には

 

ウスアカイソギンチャクの群生、

 

 

サガミリュウグウウミウシ、

 

 

キイロウミウシ、

 

 

そして

 

エキジットです。。。

 

 

2019.2.12
〒100-0211 東京都大島町差木地字クダッチ
0499240914
mail

HOME海人ブログダイビングブログ民宿海人ダイビングライセンス講習うどんあさみジオパーク地図・アクセスお問い合わせ

Copyright © 2014 海人 all rights reserved.