ダイビングスポット 秋の浜|伊豆大島 ダイビング 民宿

最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

ダイビングスポット 秋の浜の投稿一覧

連休のダイビング

8月 7日 (金)

 

リピーターさんご夫婦来島です。

 

まずは野田浜へ

 

天気 晴れ 水温22℃ 透明度ヤヤニゴ

 

アーチへ向かいます。

 

 

イサキ入っていますね。

 

 

2本目は秋の浜へ

 

水温18,4℃

 

フタイロハナゴイ、

 

フジイロウミウシ、

 

 

ハナミノカサゴ、

 

 

サガミリュウグウウミウシ、

 

 

 

ランチは永楽&トリトンのアイスを頂いて

 

海人へ向かいます。

 

 

 

8月 8日(土) 連休の始まりですね。

 

秋の浜で2ダイブです。

 

水温19,4~20,2℃

 

右エリアの砂地と左エリアの砂地で共にカスザメ発見です。

 

 

センリョウウミウシ?カイメンウミウシ?なんでしょう??

 

 

ミナミハコフグ、等

 

その後うどんあさみでランチ~

 

 

 

 

8月 9日(日)

 

初来店の大学サークル同級生の皆さんと潜ります。

 

野田浜で着替えてから

 

さあ潜ろうとしたら波が高く

 

秋の浜に向かいました。

 

流石に連休の為に混雑していましたね~

 

水温20℃

 

2年ぶりの方やOWの方もいたのでのんびり慣らしです。

 

キイロイボウミウシ、

 

タテヒダイボウミウシ、

 

コガネスズメダイ幼魚、

 

ハナミノカサゴ、

 

 

マリーンでランチ~&万立でお昼寝~

 

 

野田浜へ

 

貸し切りでした~

 

水温18,6℃

 

アーチのイサキ、

 

 

タカノハハイツの裏にはテングダイとハタタテダイ

 

カメも挨拶してくれました~

 

イトヒキアジの成魚と遭遇です。

 

 

証拠写真になりますが~

 

 

その後、御神火温泉で暖まり

 

海人に向かいます。

 

 

 

8月 10日(月)山の日ですが海へ((笑)

 

4時起きで早朝ダイビング

 

ケイカイ

 

水温18,6℃

 

こんな早朝から大勢のダイバーが、、、

 

目的はハンマーヘッドシャーク!!

 

岩につかまりながら待つこと数分

 

頭上をハンマーヘッドが現れてくれました。

 

大型のカメも数個体、

 

朝日とカメ

 

 

イサキ

 

 

その後、

 

海人へ戻り

 

朝食後、ゆっくり休憩してトーシキへ

 

水温21,4℃

 

ヤヤニゴでしたが、

 

ダイナミックな地形を水底から溶岩のトップへ

 

そのまま谷間を横切ったり

 

流れの中、溶岩をつかまったりと

 

アクロバットみたいなダイビングを楽しんでいただきました~~

 

イサキやタカベの群れなんかおりました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.8.12

秋の浜のお知らせがあります。

今年の梅雨は伊豆大島でも降水量の多い日がありました。

 

秋の浜の海を見て右側に駐車場があります。

 

駐車場より上部の斜面(崖)に亀裂が発見されました。

 

崖崩れの危険性が高いそうです。

 

プロによる判断が下されるまで

 

右側駐車場は使用禁止になります。

 

崖崩れが発生したら海にも影響がある可能性があります。

 

秋の浜右側からのエントリー、エキジットは自粛します。

 

左側の駐車場、左側からのエントリー、エキジットは可能です。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

7月20日(月)に上記の連絡がきました。

 

 

 

さて

 

7月 19日(日)午後から秋の浜に潜りました。

 

お客さんがいない時で海人から秋の浜に向かう時は東の山側ルートを走る時が多いです。

 

若干、標高が高く曇り模様でしたが

 

秋の浜に着いたら晴れ!!

 

夏になってました。

 

左浅場エリアを回ります。

 

天気 晴れ 水温22℃ 透明度10m

 

段落ちでは良く目にする

 

サガミリュウグウウミウシ、

 

 

ハナミノカサゴ、

 

 

ニシキウミウシ幼体

 

 

そして別個体のハナミノカサゴ、

 

 

砂地へ出ると

 

ヒラタエイ、

 

 

砂地はあまりピンとこなっかたので浅場へと移動します。

 

アオウミウシ、

 

 

ツユベラbaby,

 

 

なんか歩いているヒト??がいます。

 

ちっちゃくて肉眼ではなんだかわかりません。。

 

 

ミノウミウシの仲間だとは思うのですが、名前は??です。

 

 

ハシゴにはアオヤガラ、

 

 

そしてエキジットです。。

 

 

2020.7.22

秋の浜に行きました。

令和2年7月豪雨災害の被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。

 

今年の雨は尋常ではないですね。

 

まだ梅雨は明けていないですし

 

どの地域も同じ状況になる可能性はあります。

 

コロナも気がかりですが、躊躇せずに早めの避難が大切と思います。

 

 

 

 

はい!

 

気分を変えまして

 

梅雨の中休みで雨が落ち着きました。

 

秋の浜に潜りに行ってきました。

 

7月15日(水)天気 くもり

 

最近は黒潮が遠くなってしまったようです。

 

浅場は22℃で透明度10m

 

深場は17.8℃で20mくらい見えます。

 

正面に行きました。

 

際の壁沿いでは

 

カイメンの中にミノカサゴがたたずんでいました。

 

 

ツブツブコイボウミウシ、

 

 

キイボキヌハダウミウシ、

 

 

セナキルリスズメ、アマミスズメダイ、

 

水底にはイズヒメエイ、

 

 

段落ちには

 

サガミリュウグウウミウシ、

 

 

スミツキベラは1cmくらい。。

 

 

 

7月 16日(木)

 

今日は秋の浜の右に行きました。

 

フリエリイボウミウシ、

 

 

砂地の深場ではガイド仲間が転石でサークルを、

 

一瞬で引っ込んでしまい未確認ですが、ヤシャハゼ?ネジリンボウ?がいそうです。

 

戻りながら

 

キツネダイ、

 

 

アナハゼの仲間でしょうか?

 

 

浅場に戻り、

 

岩の下のくぼみを見ると

 

イガグリイミウシ、

 

 

段落ちでは

 

1cmくらいのリュウモンウミウシ、

 

 

ユカタハタ幼魚、

 

 

ニシキウミウシ、

 

 

 

等、

 

見られました~~

 

2020.7.17

4月の海

こんにちは

 

コロナが収まるにはもう少し時間がかかりそうですね。

 

日本は対策の一つとして不要な外出の自粛で感染を防ごうとしています。

 

皆さんが外に行けないのに海の情報はどうしたものか、

 

と控えていました。

 

ですが、

 

海での気分転換もありかな、と思いましたので

 

ブログをUPしますね。

 

潜ったのは4月6日、と7日です。

 

 

毎年のように遊びに来てくれるリピーターの内装職人さん。

 

たまたま大島南部で仕事があり、

 

5日間仕事をして

 

仕事終了後に延泊してダイビングされました。

 

なんとスーツは気合いのウエット!!

 

しかも5mmワンピース&フードベスト!!!

 

良い子の皆さんは決して真似しないでください(笑)

 

当然、僕はドライスーツです。。

 

野田浜は水温17,6℃。 透明度15m

 

久しぶりの1本目には遠浅の野田浜は安心して潜れますね。

 

アーチ付近ではツバメウオが見られます。

 

 

小アーチをくぐるお客さん

 

 

秋の浜は水温16,2~16,8℃ 透明度15m

 

2本目なので慣れて潜れます。

 

沖へ出るとピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシ、

 

 

マツカサウオを撮影中、

 

 

コイボウミウシがペアで

 

 

オニカサゴ、

 

 

サラサウミウシ

 

 

キンギョハナダイは自然光にて

 

 

アオウミウシ、

 

 

 

 

2日目の秋の浜です。

 

EN直前に友人ガイドから生物の情報をいただきましたが、見つからず

 

又の機会に探してみようと思います。

 

ありがとうございました。

 

沖へ進み砂地に出ると

 

ハナアナゴ、

 

 

ダイナンウミヘビもいました。

 

マダコが穴の奥から様子を伺っています。

 

 

岩場に移動してピカチュウが2個体いました。

 

 

ツブツブコイボウミウシ、

 

 

キイロイボウミウシ、

 

 

ハナミドリガイ、

 

2本目は

 

クロイトハゼ、

 

 

ハナオトメウミウシ、深場です。。

 

 

タテヒダイボウミウシがペアで、

 

 

サガミリュウグウウミウシ、

 

 

マダライロウミウシ

 

 

なんだかウミウシと多く遭遇しましたね。。

 

2日間でコイボウミウシ系は4種類でした~~

2020.4.16

イワシの群れが凄い事になっています。。

2月14日(土)

 

本土ではコロナで大変ですね。

 

手洗いやうがい、しっかり睡眠、休息と食事を採って免疫をキープしていてください。

 

必ず収束して落ち着く日が来ます。

 

 

 

大島は島なので空気も爽やかです。

 

今日はリピーターさんご夫婦が来島されました。

 

岡田港でお迎えして秋の浜に向かいます。

 

天気 くもり 水温18℃ 透明度20m

 

最近、イワシが凄い事になっています。

 

どう凄いかというと群れの数がハンパないのです。

 

視界一面イワシの群れに覆いつくされて

 

群れの下から水面を見上げるとあまりに魚影が濃過ぎて

 

水面からの光が遮られ夕方のように暗くなる程です。

 

しかも、この状態が20日程続いていて群れの数は?万匹と相当な数が滞在?しています。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、

 

エントリーすると

 

まずはイサキの群れが水底にいます。

 

 

更に沖へ向かうと

 

 

イワシの群れが現れます。

 

 

水底にはイサキの群れ、中層にはイワシの群れが見られます。

 

流れも程ほどにありましたが、群れを堪能です。。

 

浅場へ戻ると

 

ミノカサゴ、

 

 

前日ですが、

 

サザナミフグもいました。。

 

 

ランチは元町、永楽にてモヤシソバ、ギョーザとチャーハンも皆でシェアして満足です。。

 

 

2本目は野田浜へ

 

エントリーして根の窪地にはマダコ、

 

 

アーチへ向かうと中々、流れが強いですね。

 

このポイントもイワシの群れ。。

 

ですが、流れに逆らいながら川の流れというか

 

一つの生き物のように帯状の群れが通過して行きます。

 

かなり古いですが、映画マトリックス3作目の1シーンを思い出します。

 

その帯状の群れがいつまでも途切れないのです。

 

相当な数です。。

 

 

アーチの岩影で流れの影響が少ないエリアでは

 

ツバメウオの群れが佇んでいます。

 

かなり近寄れます。。

 

 

テングダイもいますが、

 

その奥には帯状のイワシの群れが続いていますね。

 

カメにも遭遇しました。。

2020.2.16

令和2年 明けましておめでとうございます。

令和2年 明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願い致します。

 

1月 1日 元旦

 

まずは初日の出を見に行きました。

 

太陽が昇る時間には水平線上には雲に覆われて見れなかったのですが、

 

0711頃、雲の隙間から数10秒程、太陽が顔を出してくれました。

 

 

 

今年も良い事ありますね!!

 

その後は家族とおせちをいただきながら正月を楽しみました。。

 

 

1月 2日(木) 初潜りしてきました。

 

南部、トウシキへ、、と思ったのですが、

 

通行止め&うねりが強い為に潜れず。

 

北部、秋の浜に移動しました。

 

天気 晴れ 水温19,8℃ 透明度18m

 

こちらもうねりが強いですね~

 

潜る前に現地ガイドのKくんに情報をいただきました。

 

ありがとうございます。

 

バッチリ確認出来ました。

 

左から(陸から海を見て)エントリー

 

情報通りに

 

クマドリカエルアンコウ、

 

 

良いタイミングで、あくびしてくれました~

 

 

ミノカサゴ、

 

 

その横にはニシキウミウシを住み家にしている

 

ウミウシカクレエビ、

 

 

ライトの光が眩しいのでしょうか?

 

背中を向けています。

 

沖へ向かい

 

クマノミ城でクマノミに新年のご挨拶。

 

 

右へ移動します。

 

おはぎ岩の付近には

 

ニシキフウライウオ、

 

 

更に深場へ

 

マトウダイにも遭遇。。

 

 

アジアコショウダイygを見ながら浅場へ移動です。

 

左から(海から陸を見て)エキジットですが、

 

こちらのほうがうねりも強く砂が舞っていました。。

 

2020.1.3

リピーターご夫婦とエンリッチ

11月 16日(土)大安

 

リピーターのご夫婦来島です。

 

この若いお二人は今年GWに海人にてOWを取得しその後、AOW

 

izuやokinawa等にも出かけて半年で約30本!!

 

ダイビングにはまってくれました!!

 

にやり(笑)

 

大島は講習ばっかりだったので今回はファンダイビング!!

 

この週末はコンディションも良くどのポイントも潜水可能!!

 

トウシキは台風で通行止めのため、トウシキ以外のポイントに潜ります。。

 

まずは野田浜へ

 

天気 晴れ 水温24℃ 透明度15m

 

DRYスーツは久しぶりなので慣らしながらアーチへ

 

やや流れがある中でツバメウオが20個体くらい!!

 

道中イサキの群れも多く

 

小アーチもくぐってエキジットです。。

 

 

ランチは万立へ、

 

べっこうちらしやウツボの天婦羅をいただきました。。

 

お昼寝~とも思ったのですが、

 

ぶらっとハウスでソフトクリームを、、

 

 

2本目はケイカイへ

 

水温23、8℃ 透明度10m

 

15時くらいでしたが夕方チックなダイビングでした。。

 

地形も面白いですが、カメにも4~5個体遭遇です。

 

 

そして海人に向かいます。

 

 

11月 17日(日)

 

2日目は秋の浜に向かいます。

 

天気 晴れ 水温22,4℃ 透明度15m

 

右エリアへ向かいます。

 

テーブルサンゴにはドリーこと、ナンヨウハギ、

 

砂地へ降りるとフエヤッコ、ホシテンス、

 

ダテハゼ&テッポウエビ、

 

ガラスハゼ、ヤシャハゼ、

 

ミスジスズメダイ、

 

1mクラスのヒラマサも4個体、

 

段上には黒いクマドリカエルアンコウ、

 

 

ちょっと解りにくいでしょうか?

 

左が顔なんです(笑)

 

数日前にMさんに教えていただきました。

 

ありがとうございました。

 

そしてエキジットです。

 

 

2本目は南に戻りながら王の浜へ

 

水温22,6℃ 透明度12m

 

ADの時にエンリッチ ド エア をやったので

 

今回もう1本、エンリッチを使ってSP取得です。。

 

酸素の比率をチェックしたり

 

深度や潜水時間をダイコンに設定してダイビング計画を立てます。

 

潜り方は変わらないですが、身体の負担が少ないので疲れにくいですね~

 

沖へ進むと

 

このポイントもカメを良く見ました。

 

4個体は見れました。

 

 

ヘラヤガラやアカマツカサ、

 

セナキルリスズメ

 

 

そして

 

エキジットです。

 

 

エンリッチを使ったお蔭で帰りの運転もらくちんでしたよ~~

2019.11.18

晴れ男のリピーターさん来島です。。

11月 4日(月)大安

 

晴れ男のリピーターさん来島です。

 

ウエットでで潜られてます。

 

もちろん、僕はドライです(笑)

 

まずは野田浜へ

 

天気 晴れ 水温23,2℃ 透明度15m

 

1本目なのでのんびりと

 

大アーチ

 

小アーチを回ります。

 

 

2本目はケイカイへ

 

水温23,8℃ 透明度18m

 

弱い流れの中、

 

カメと5回くらい遭遇しました。

 

 

11月 5日 (火)

 

秋の浜に2ダイブ

 

天気 晴れ男パワーで晴れ(笑) 水温23℃ 透明度15m

 

正面の深場へ

 

スミレヤッコが穴の奥に出たり入ったり

 

 

スジハナダイ、セナキルリスズメ、

 

ミノカサゴyg、

 

 

ハタタテダイも2個体

 

そしてエキジット。。

 

 

 

ランチをはさんで

 

2本目は右エリアへ

 

ダテハゼやオトメハゼ、

 

シャコも顔を出しています。

 

 

左はカワハギyg、 右はヨソギyg、

 

 

ミスジスズメダイ、

 

ヤギにはガラスハゼ、

 

 

キツネベラ、

 

浅場ではハナキンチャクフグ、

 

 

フエヤッコ、

 

等と

 

生物多いダイビングでした~

2019.11.7

台風21号は温帯低気圧に変わりました。

10月 26日(土)

 

リピーターさんと初来店のお客さんのガイドです。

 

台風21号は温帯低気圧に変わり大島の東側を通り抜けていきました。

 

前日のジェット船は欠航でしたが、船は着きました。

 

海はうねりが残るものの

 

まずは野田浜です。

 

天気 晴れ 水温24℃ 透明度18m

 

まずまずの魚影です。

 

大アーチ付近ではカメに遭遇。。

 

子アーチも通ってきました。

 

 

ちびのミソラーメン(なんか久しぶりです)でお腹を満たし

 

 

2本目は秋の浜へ

 

水温23,8℃ 透明度15m

 

右エリアへ

 

イサキの群れ

 

 

テンス、クビアカハゼ、

 

オトメハゼ、ガラスハゼ、

 

タテヒダイボウミウシ、

 

 

ヨスジフエダイも発見です。。

 

サンゴガニ等を見てエキジットです。。

 

 

3本目は~と思っていたら

 

うねりが強くなってきました。

 

ハシゴの上にも波が上がってくる程です。

 

ケイカイ、王の浜、と移動してみたものの

 

こちらのポイント

 

も波が高いので本日のダイビングは終了です。。

 

 

時間もあったので

 

ぶらっとハウスに立ち寄って、牛乳ソフトクリームを食べ

 

くるみやさんの温泉に入って(力が抜けました~)

 

海人へ、、

 

 

10月27日(日)

 

今日はサンセットパームラインを交通規制して自転車の大会があります。

 

タイムトライアルで自転車が高速スピードが駆け抜けて行きます。

 

野田浜、ケイカイはダイビング不可なので

 

まずは秋の浜へ

 

昨日よりはうねりが収まっています。

 

正面に向かいます。

 

セナキルリスズメ、フタイロハナゴイ、スジハナダイ、

 

を見て浅場に戻ります。

 

団の上ではマダコ発見です。

 

 

ライトの光が眩しそう。

 

目を細めているように見えます。

 

そのままエキジットです。

 

 

2本目は王の浜に移動です。

 

水温24,8℃ 透明度20m

 

湾内ではサザナミヤッコがいました。。

 

中学生くらいでしょうか。

 

 

このサイズは大島で見かけないです。

 

沖へ向かうと

 

テングダイ、伊豆固有種です。

 

 

フエヤッコや

 

 

ノーストロボですが、アカマツカサの群れ

 

 

最後はカメにて締めくくりました。

 

2019.10.28

ここ最近のダイビングです。

台風15号前後のダイビングのログです。

 

水温は26℃くらいが多く、透明度も20m~12mくらい

 

女性お一人でOWコースに参加してくれました。

 

お見事、ライセンスを取得されました。。

 

 

アラリウミウシ

 

 

野田浜にて体験ダイビイグを女性2人にて

 

 

 

こちらの女性お二人も野田浜にて体験ダイビングです。

 

 

 

秋の浜の左のハシゴにはツバメウオ幼魚が、

 

 

トーシキタイドプールでミカドウミウシ幼体?

 

 

キヌハダモドキの仲間

 

 

リュウグウウミウシ

 

 

リピーターさんも遊びに来てくれてます。。

 

秋の浜の右ハシゴ付近にはカミソリウオのペア

 

 

右砂地にはオトメハゼ、

 

 

コクテンカタギ

 

 

コガネスズメダイの幼魚

 

 

ヒラマサ

 

 

トゲチョウチョウウオ

 

 

コモンウミウシ

 

 

大潮のケイカイでは昼間にハンマーヘッドにも遭遇。。

 

です。

 

 

2019.10.18
1 / 3012345...102030...最後 »
〒100-0211 東京都大島町差木地字クダッチ
0499240914
mail

HOME海人ブログダイビングブログ民宿海人ダイビングライセンス講習うどんあさみジオパーク地図・アクセスお問い合わせ

Copyright © 2014 海人 all rights reserved.