ダイビングブログ|伊豆大島 ダイビング 民宿

最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

梅雨の晴れ間

6月10日、11日、12日、と

 

3日間、良く晴れました。。

 

まとめてではありますが、

 

海の情報をお届けします。

 

6月10日(金)

 

トーシキにてリサーチです。。

 

天気 晴れ 水温19,6℃ 透明度12m

 

右エリアに向かいます。

 

サラサウミウシ、

 

P6102028

 

トウシマコケギンポ、

 

P6102030

 

ニラミギンポ、

 

P6102031

 

砂地にくっきりと身体のラインが見えてるヒラメ、

 

P6102032

 

クロヘリアメフラシ、

 

P6102034

 

ミアミラウミウシ、

 

P6102035

 

コロダイ、

 

P6102039

 

カメが水底で休んでいました。。

 

P6102044P6102045

 

 

6月11日(土)

 

南部3ショップ+北部1ショップでの合同ボートです。。

 

八磯アーチ&サメ穴に潜りました。

 

天気 晴れ 水温18、8℃~18,6℃ 透明度10m

 

やはり見どころはアーチですね。。

 

漁船がすっぽり入るサイズです。

 

ハタンポがぎっしり群れてました。

 

オーバーハングも何ヶ所かあります。

 

天井には黄色いトサカが群生しています。

 

キイロチジミトサカと言いますが、

 

大島の他のポイントでは見られないです。

 

スミゾメミノ、ガーベラミノ、サキシマミノ、各ウミウシ、

 

テングダイ、ネコザメ、トビエイ、

 

サメ穴ではドチザメ、

 

ヒゲダイ、

 

イサキ&キンギョハナダイは多く和ませてくれます。。

 

安全停止中にはカメの姿も、、

 

 

6月12日(日)トーシキ2ダイブ

 

天気 晴れ 水温20,2℃~20.4℃ 透明度10m

 

右エリア

 

水路を抜けて柱状節理へ

 

ヨゴレヒビギンポ、トウシマコケギンポ、

 

ヒブサミノウミウシ、

 

P6122050

 

サメジマオトメウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、

 

キビレヘビギンポ、

 

P6122053

 

こちらはヘビギンポ、

 

P6122054

 

2本目は左エリア

 

ミナミハコフグbaby,

 

ヌノサラシ、ニシキウミウシ幼体、

 

ニラミギンポ、マツバギンポ、

 

カメも姿を現せてくれました。

 

 

 

 

 

2016.6.13

トーシキで体験ダイビング

今日はトーシキタイドプールにて

 

体験ダイビングをしてきました。

 

天気 くもり 水温20.6℃  透明度12m

 

たまに太陽が顔を出してくれます。

 

ヒロメ(海草)が岩に着く季節になりました。

 

数年前は減少してましたが、

 

近年、復活しています。

 

磯が生きている証拠ですね。

 

このヒロメ、

 

刻んで、きざみネギと酢の物が旨いんです。。

 

話は戻って

 

タイドプールの静かな海の中

 

水中世界を楽しんでいただきました。

 

サカナ達に遭遇すると

 

指をさして

 

興味深々。。。

 

P6072024

 

又、遊びにきてくださいね。

 

クマノミ、ニシキベラ、ソラスズメダイ、

 

ムカデミノウミウシ、シロハナガサウミウシ、等など

 

 

2016.6.7

見慣れないヒトデが、、、

2016年 6月 2日

 

愛車、ハイエースの室内に

 

錆止め塗料を塗り塗りしてました。

 

アルミ粉も入っている為

 

シルバーにキラ~~ンと光っております(笑)

 

バッチリです!!

 

終了後、トーシキへ、、

 

天気 晴れ 水温21℃ 透明度15~12m

 

ガイドロープ付近には

 

タカベyg多いですね。

 

壁には

 

1cmのミナミハコフグbaby、

 

今季初かも。。

 

P6021994

 

ベニカエルを確認しつつ

 

出ました

 

ハマチャン(笑)

 

P6021999

 

カラス根の水路では

 

ホウライヒメジとイサキ、

 

P6022002

 

イサキの群れというか、かたまりですね。。

 

P6022007P6022010

 

見慣れないヒトデが、、

 

P6022018

 

調べてみると

 

イボヒトデです。

 

紀伊半島以南に生息だとか、、

 

大島の南国化が進んでますね~~

 

サメジマオトメウミウシ、

 

P6022012

 

なぜか3体、

 

3兄弟?

 

3P???

 

P6022015

 

カメも現われました。

 

2016.6.3

深場は冷たい??

今日は秋の浜に潜りました。

 

天気 晴れ 水温20~17.4℃ 透明度12m

 

潜る前に

 

ガイド仲間から冷たかった~

 

と言われ

 

水深を下げていくと

 

17,4℃でした~~(笑)

 

陸は暑いので

 

ついインナーを薄着にしがちですが、

 

水温に合わせたインナーにしないとね。。

 

生物ですが、

 

以前、見つけたベニカエルアンコウは健在です。

 

P5241975

 

砂地には

 

サツマカサゴ、

 

ボウズコウイカ、

 

P5241977

 

触手をしきりに伸ばしていました。

 

伸ばしている瞬間を撮りたかったのですが、

 

シャッターのタイムラグで、、わずかに、、、

 

P5241979

 

ヒラメや

 

P5241986

 

オビアナハゼ、

 

P5241988

 

漁礁に向かっているアオリイカも見られました。

 

別個体のベニカエルアンコウ、

 

P5241992

2016.5.24

トーシキへ

2016年 5月 22日

 

午後から時間が空いたので

 

トーシキに潜りました。

 

天気 晴れ 水温 20~19℃ 透明度10~8m

 

風は北東ですが、うねりがあります。

 

ビギナーさんには

 

うねりは遠慮してもらいたいですが、

 

慣れたダイバーには

 

ゆりかごのようで気持ち良いです。。

 

ロープエンドには

 

モヨウモンガラドウシがお出迎え?

 

P5221938P5221939

 

オーバーハングには

 

ベニカエルアンコウが戻って来ていました。

 

P5221942P5221945

 

久しぶりの再会です。

 

小ぶりながらもシマアジが群れていたり

 

P5221952

 

サガミリュウグウウミウシ、

 

P5221953

 

ボウズコウイカ、

 

P5221960

 

トウシキでは珍しい

 

ミアミラウミウシ、

 

P5221964

 

サクラミノウミウシ、

 

P5221969

 

アオブダイも数個体、

 

イサキの群れや

 

P5221970

 

カメにも逢えました。。

 

2016.5.23

さくっと秋の浜へ

午前中はくもり空

 

お昼前から晴れてきました。

 

午後から秋の浜で潜ってきました。

 

天気 晴れ 水温17、6℃ 少し下がりました 透明度12m

 

GWでは大勢のダイバーが潜っていました。

 

今日は海も落ち着きを取り戻しているかのようです。。

 

右の砂地では

 

ワニゴチが、、

P5071911

 

下アゴが出ていて??

 

元気ですか~~

 

 

イノキさんみたい(失礼)

 

正面顔のUP

 

P5071914

 

ヤギにはガラスハゼ、

 

P5071918

 

イズカサゴがど~~んと。。

 

P5071923

 

ヒメコウイカ、

 

P5071924

 

若いベニカエルアンコウ発見です。。

 

P5071927

 

ハシゴには

 

アミメミノカエルアンコウが住み始めました。。

 

P5071930

2016.5.7

子供の日ですが、大人のOWダイバー誕生!!

昨年、

 

遊びにいらしたご主人の

 

奥さまがライセンス講習を受講しています。

 

5月3日は野田浜で限定水域、夜は学科。

 

5月4日は南西風強くジェット船欠航ながら

 

お天気にも恵まれ

 

静かな秋の浜にてトレーニングダイブNO1、NO2,

 

そして本日は

 

秋の浜にてトレーニングダイブNO3、NO4,

 

お天気で富士山も見られています。。

 

この方は何回も体験ダイビングを経験されている方で

 

非常にスムースにスキルもクリア!!

 

中性浮力もバッチリです。

 

ラストダイビングは

 

余裕のほぼファンダイブでした。

 

P5051907

 

これからもご主人と水中世界を楽しんでくださいね!!

 

P5051908

2016.5.5

GW2日目ですね。

トーシキで潜りました。

 

天気 晴れ 水温18.6℃ 透明度10m

 

午前は静かでしたが、

 

午後から風が出始め

 

水面は多少の波があります。

 

 

ですが、ガイドロープのお蔭で問題なく潜れます。

 

ガイドロープに感謝ですね。。

 

ENしてすぐにタカベygのお出迎え。

 

P4301883

 

沖へ出ると

 

ハマチャンからの歓迎を受けました(笑)

 

P4301885

 

魚影は濃いですね。。

 

イサキ、メジナの群れが多く

 

でかいアオブダイも多く見られます。

 

壁には

 

イボヤギ、トサカ等の

 

ソフトコーラルが見応えあります。

 

P4301886

 

キイロウミウシ、

 

P4301895

 

ニシキウミウシの幼体も見られました。

 

P4301897

2016.4.30

久しぶりの更新です。

 

この度の

 

九州地震の被害に合われた方に

 

お見舞い申し上げます。

 

生活の再建には時間がかかると思いますが、

 

必ず乗り越えて行かれると思います。

 

お身体を大切になさってください。

 

 

 

ブログに移行させていただきます。

 

この4月ですが、

 

腰痛に悩まされていました。

 

お陰様で今は元気です。。

 

毎年恒例、大島ダイビング業者合同の

 

秋の浜ハシゴ修繕や

 

P4261841P4261879

 

消防団の合同訓練に参加したりしていました。

 

秋の浜では

 

念願のコイン式温水シャワーや

 

P4261840P4261839

 

ジャグジーも設置されました。

 

P4261881

 

寒い季節には重宝しますね。。

 

風もなく暖かい一日です。

 

生物豊富な秋の浜に潜ってきました。

 

天気 晴れ 水温18℃ 透明度15m

 

例年より水温が暖かいですね。

 

ヒメギンポ、

 

P4261843

 

オニカサゴを見つつ

 

P4261847

 

深場へ向かうと

 

頭を下にしたクロスジウミウシ、

 

P4261848

 

マトウダイにも遭遇です。

 

P4261852

 

久しぶりにクダゴンベに逢えました。

 

P4261856

 

そばにもう一個体も

 

P4261857P4261858

 

砂地では

 

大島若手ガイドが設置してくれた漁礁に

 

アオリイカが産卵しています。

 

P4261860P4261862

 

キイロイボウミウシのペア、

 

P4261867

 

浅場では

 

オルトマンワラエビ、

 

P4261869

 

ベニカエアンコウも健在です。

 

P4261875

 

 

 

 

2016.4.26

生物豊富です。

2016年 3月 19日(土)

 

朝からあめです。

 

ですが、気温も19℃

 

水温も18,2℃もあり

 

全然寒くないです。。

 

秋の浜にて2ダイブ

 

深場ではスジハナダイ、

 

P3191774

 

ハナゴンベは一瞬、見かけました。。

 

キイロイボウミウシ、

 

P3191776

 

ヒメギンポ、

 

P3191779

 

トウシマコケギンポ、

 

P3191781

 

2本目は漁礁から砂地へ

 

ウスバハギ、

 

P3191784

 

やはりハナタツはいないようですが、

 

タツノイトコx2はいます。。

 

P3191786

 

ヨツバモガニ、

 

P3191790

 

カイメンにはオニカサゴyg、

 

P3191796

 

段落ちにはベニカエルアンコウ、、

 

P3191800

 

そして夜は安部カメラマンによるフォト講座です。

 

構図をテーマに面白いお話が聞けました。。

 

 

3月 20日 春分の日

 

今日も秋の浜にて2ダイブ、

 

トサカにはアオサハギ、

 

P3201801

 

砂地にはアカエソ、

 

P3201803

 

ハナミドリガイ、

 

P3201806

 

2本目は右エリア

 

カモハラギンポ、

 

P3201808

 

オビアナハゼが海草の中に、、

 

P3201811

 

ヒブサミノウミウシが歩いていたり、、

 

P3201812

 

クロイトハゼ等

P3201817

 

そして夜は杉森カメラマンによるフォト講座です。

 

お客さんの素朴な疑問にお答えしつつ

 

参考になるお話が聞けました。

 

安部さん、杉森さん、

 

ありがとうございました。。。

 

2016.3.20
〒100-0211 東京都大島町差木地字クダッチ
0499240914
mail

HOME海人ブログダイビングブログ民宿海人ダイビングライセンス講習うどんあさみジオパーク地図・アクセスお問い合わせ

Copyright © 2014 海人 all rights reserved.